ブログ


30年前のピアノは古い?

30年前のピアノは古い?

グランドピアノの調律画像ご覧いただき有難う御座います。古川ピアノ 調律師の古川です。

その昔は、ピアノと言えば新品で買うのが当たり前という時代もありましたが、

今や新品ピアノの製造台数は全盛期の約1/30に落ち込み、ピアノは中古で買う方が大多数となりました。

今回は、中古ピアノの製造年数について解説いたします

 

・30年モノのピアノ、決して古くはありません

例えば自動車や家電などで30年前の製品と聞けば、よほど価値のあるものでなければ購入の対象にはなりませんが、

楽器業界では多くの楽器で30年は古い範囲に入らない という見方になります。 特にヴァイオリンなどの弦楽器は、100年前 200年前の名器などよく聞きますね。

 

ピアノにおいては、メーカーやクラスによっても変わりますが、国産の普及品の場合は寿命が約50-60年程度ですから、

30年前のピアノは折り返し地点あたりにある ということになります。

 

 

・40年を超えるとやや古い部類に入ります

国産ピアノの場合、40年を超えると次第に楽器としての性能が落ちてくる頃です。

部位にもよりますが、傷んだフェルトや繊維類、スプリング等を交換修理することで、ピアノを若返らせることが可能です。

また、弦やハンマーフェルトの交換といった大掛かりな修理=オーバーホールを行えば、さらに大幅な若返りと延命が可能となり、

音はみずみずしく伸びやかで表現豊かに戻ります。

 

・30年~40年前後のピアノが最も売れています

当店を始めとした中古ピアノ店では、国産中古ピアノの30~40年程度前の製造モデルが特に売れ筋です。

一番の理由は、その年代の商品が30万円~40万円程度の、もっとも多くのお客様のご予算に適合するためです。

その次に30万円未満のピアノ、40万円以上のピアノ の順に売れている印象です。

 

例えば30年前のピアノの場合、優れた状態であればあと20年~30年は良好な状態で使用できると言えます。

特にこれからピアノを習う幼稚園~小学校くらいのお子様の場合、少なくとも成人されるまでは安心して使えるピアノを選べれることをオススメいたします。

古川ピアノではグランドピアノやアップライトピアノの調律やメンテナンス 

 消音取付や中古ピアノ販売などを総合的に承っております

 

ご質問等、まずはお気軽にお問い合わせください。

古川ピアノのお問い合わせ画像

 

 

 

 

 

 

お問い合わせフォームは↑のリンクから、      

お電話の方は↓

代表古川 090-7533-2462 へ

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

古川ピアノ 古川航

古川ピアノ代表調律師古川航の自己紹介画像

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 調律・修理の古川ピアノ. All rights Reserved.