よくあるトラブル/故障/不調 お直しします


・よくあるトラブル/故障/不調 お直しします 事例紹介

 

鍵盤が上がらない/上がりにくい 音が鳴らない/音が鳴りにくい

 

・鍵盤内部のフェルトが湿気で膨張している場合

 → 鍵盤内部にはフェルトが貼り付けられている部分があり、そのフェルトが湿気で膨らむと動きを阻害して

 鍵盤の戻りが遅くなったり、ひどい場合には上がってこなくなります。 

 フェルトを専用工具で圧縮すれば解消できます。調律時であれば処置は無料です。

 

・鍵盤と鍵盤の隙間に異物が挟まっている場合

 → 鍵盤同士の隙間に ビーズ クリップ ヘアピン 小石 鉛筆の芯 お米 などが挟まると、

 鍵盤の戻りが悪くなったり、ひどい場合には上がってこなくなります。

 又はお客様ご自身でできる対処として、ライトで照らしながら、竹串などで異物を突いて下に落としてしまう方法もあります。

 調律時であれば処置は無料です。

 

・ハンマーが固まっている場合

 → この場合は小修理の必要があります。ハンマーの付け根にある関節部が湿気や汚れなどで膨張し、

 動きが著しく鈍くなったり固まったりした場合、つられて鍵盤も上がってこなくなる場合があります。

 ハンマーを分解し、付け根にある関節の金属ピンを交換し調整することで解消できます。

 調律時であれば1箇所550円で修理可能です。この修理のみの場合は、1箇所1,100円となります。 

 なお、再発防止としてお部屋の湿度管理により注意されることを推奨いたします。

 

・鍵盤手前の外装パーツに歪みがある場合

 → 文章では伝わりにくいのですが、白い鍵盤の手前にある横長の棒(黒い四角の棒=口棒といいます)が

 経年変化等で反ることがあり、特に中音あたりはもっとも歪みが出ます。

 鍵盤を弾くと白鍵手前側と口棒が接触してしまうため、引っかかって上がってこなくなります。

 口棒を分解して、取付基部に歪みを補正する厚紙やスペーサーを入れて再度組み付けることで解消できます。

 調律時であれば1,100円で修理可能です。

 

音がこもる 曇る 濁って聞こえる

 

・湿気や乾燥の影響で、音を鳴らすための部品が歪んでいる ずれている

 → ピアノはハンマーフェルトが弦を打って音が鳴る仕組みですが、

 ハンマーフェルトの左右位置が0.5mmずれるだけでも音色が曇って(こもって)しまいます。

 フェルト固定するネジを緩めて位置を微調整すれば解決です。調律時であれば処置は無料です。

 

・ハンマーの根本が故障し、グラグラと揺れて動く場合

 → 上記に似ていますが、グラグラ揺れる場合は根本の関節部品が脱臼している状態ですので、

 ちょっとした修理が必要になります(症状がごく軽微な場合は無料の場合もあり)。 

 その場でできる簡単な修理なので、調律時であれば修理は1箇所550円です。

 修理のみの場合は1箇所1,100円で承ります。

 

ピアノの音色をキレイにして欲しい

(響くように、キラキラするように など)

・鍵盤やアクションの動きをスムーズにする

 → 鍵盤やアクション機構は放っておくと関節部分などに汚れが溜まるなどして

だんだんと動きが鈍くなっていきます。そうすると、タッチが重くなるだけではなく、

各部での摩擦によって鍵盤を押したときのパワーが吸収されてしまい、本来の響きが変に抑えられてしまいます。

各部の汚れを取り除いたり、潤滑剤によって動きをなめらかにすることで、軽やかなタッチと本来のキレイな響きが戻ります。

調律時であれば処置は無料です。

 

・鍵盤やアクションの調整を音が響きやすいセッティングに変更する

 → 鍵盤やアクションの調整は、作りたいタッチや音色に応じて方向性を変化させることができます。

よく響く音にしたい場合は、特に音色や発音に関係する調整工程を見直すことで、

整音を行わなくても音を変えることができます。

この調整は見落とされがちで元気の無い音になっているピアノが多いので、

ちょっと時間をかけるだけでずいぶんと音の印象が良くなります。

調律時であれば調整は無料です。

 

・調律で整える音色 ハーモニーをきらびやかな音色になるように整える

 → 上記の調整等を行ったあとに調律を行いますが、さらに効果を増したい場合は調律も気をつけて行います。

調律には単に音程を合わせる以外にも音色やハーモニー感を調整する効果がありますので、

音の響きがより良くなるような音に一つ一つバランスを見ながら調律していきます。

もちろん通常の調律料金で大丈夫です。

 

ピアノの鍵盤(タッチ)を軽くしてほしい

 

・鍵盤やアクションの動きをスムーズにする

 → 鍵盤やアクション機構は放っておくと関節部分などに汚れが溜まるなどして、

だんだんと動きが鈍くなっていきタッチが重くなります。

部品同士が接触する部分の汚れを取り除いたり潤滑剤によって動きを滑らかにすることで解消できます。

調律時であれば処置は無料です。

 

・鍵盤やアクションの調整を軽く弾きやすいセッティングに変更する

 → 軽いタッチ感にしたい場合は、鍵盤の高さを変えたり ハンマーの位置を変えたりするなど、

様々な工程をタッチ軽めの方向へまとめていけば、軽くする度合いも調整できます。

逆にタッチを重くすることもある程度可能です。

調律時であれば調整は無料です。

 

・調律で音の響き方を良くし、錯覚的にタッチを軽く感じるようにする

 → 上記の調整等を行ったあとに調律を行いますが、さらに効果を増したい場合は調律も気をつけて行います。

音の響きがより良くなるような調律をすれば、同じ指の力で弾いてもより華やかに響くので、

通常の調律料金で大丈夫です。

 

・ピアノの屋根を開ける、音響環境を調整する など

以上のほかに、ピアノ自体や音響効果で調節できる場合があります。

1.ピアノの屋根を空け音量を増やす

2.アップライトピアノの場合は背面と壁の間を少し広くするしてより響くようにする

3.カーテンやぬいぐるみ 厚手のクッションやカーペットなどが多い場合はそれらを減らす

このようなことを組み合わせると部屋の中での音の響きを変えることができますので、

より響くようになる = タッチが軽く感じる 効果が得られます。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 調律・修理の古川ピアノ. All rights Reserved.